こちらでは私が生まれ育ち、当店の店舗がある岐阜・柳ケ瀬で私がお薦めする
お店をご紹介します。個性あふれる良いお店がいっぱいです。
岐阜市日ノ出町3−1 (岐阜高島屋西)
058−262−9573 定休日6のつく日(6日16日26日)
岐阜市神田町3−12−2 (旧近鉄百貨店北)
058−262−1953 定休日毎週木曜日
営業時間 午前11時30分から麺が終了するまで(平日は5時半ごろ土日などは4時半ごろ)
営業時間 午前11時から午後8時まで 深夜営業午後8時から午前2時まで(別メニュー)
岐阜市弥生町17番地 (岐阜中央クリニック南)
058−263−5314 定休日毎週日曜日
営業時間 午前11時30分から午後7時まで (持ち帰り弁当もあります)
創業大正六年 受け継がれてきた伝統の味が一杯400円
透き通るダシが絶品 釜飯・うどん・そばの老舗
毎日通いたくなるおふくろの味 煮物が美味しい店
ヤナガセ通りから岐阜中央クリニックへの小さな路地の
中にある知る人ぞ知る定食のお店で、私も毎日のように
通っています。日替わりランチをはじめ各種定食があり
中でも大皿に盛ってある煮物を、三品選べる煮物定食は
味付けが良くヘルシーでお薦めです。右写真はある日の
日替わり定食でとんかつに冷奴、煮物一品とご飯(おか
わりOK)味噌汁、漬物とボリューム満点。ヤナガセで
お腹が空いたら一度立ち寄ってみてください。
三代目主人神谷房昭さんは私の兄貴的存在。神輿を担ぐ
大先輩で真面目、実直な人柄が受け継がれた伝統の味に
しみこんでいます。鶏がらのみのスープを自家製焼豚の
タレ醤油で割ったあっさりとした中華そばで創業当時は
東海地方で初めてラーメンを出したと言われてたほど。
行列もできる有名店で自家製麺が終了したら閉店です。
もうひとつのメニュー「ワンタン」も400円です
週に一度は食べたくなる私の大好きな関西ダシのお店で
す。創業大正三年の老舗で長良橋通りに面したヤナガセ
商店街にあるのでお昼時は常連客で満員になることも。
名物の釜飯は焦げ目が香ばしくてダシと具のバランスも
良くやみつきになりますよ。そば・うどん類は品数も多
く関東風ダシの物もあります。私のお薦めは右の写真の
しっぽく。色々な具が個性を持っていて美味しいです。
岐阜市御浪町9番地 (十六銀行柳ケ瀬支店裏)
058−263−2015 年中無休
営業時間 午後5時30分から午前1時まで (姉妹店BARオックスも近くにあります)
接客のプロとして私が大変尊敬している今井栄男さんが
店主のバーサフラン。お客様をおもてなしする心遣いが
極め細やかで何度でも行きたくなるお店です。私はウイ
スキーが好きで色々勉強させていただいていますが、カ
クテルも種類が豊富です。一階はカウンター席で楽しめ
二階はゆったりとしたラウンジ風。歓送迎会や食事会等
40人くらいまで対応してくれます。四川料理をメイン
としたコースは二千円から。相談してみて下さい。
お酒のプロ、接客のプロがゆとりの時間を演出してくれます
岐阜市今川町2−19 (NTT金町ビル西)
058−266−1522 定休日毎週日曜日
営業時間 ランチ11時45分から14時まで 夜18時から24時
祭り好きが集まる粋な大将が腕を振るう居酒屋
お酒を飲みながら仲間と祭りの話で盛り上がる。そんな
下町の風情が味わえるお店です。祭り好きが集まる訳は
大将が岐阜睦の頭だから。神輿が好き祭りに参加したい
人は相談してみて下さい。暖かく迎え入れてくれます。
冬場は名物しし鍋やカモ鍋(要予約)がお薦め。二階の
座敷で20人までの宴会ができます。夏場は二千円からの
コース料理がお薦め。右の写真のランチはサクサク衣の
天ぷら定食700円や天ぷらそば500円とお値打ちです。
私も参加している金神社神輿奉賛会岐阜睦。松庵の山田益加さんが頭を務める
江戸神輿を担ぐ団体です。岐阜の祭りを盛り上げたい、そんな仲間と年三回程柳ケ瀬近郊で活動しています。一緒に祭りを楽しみませんか。